消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

『消えゆく足尾銅山』と題して送るシリーズ。
第3回目は、そろそろ足尾の歴史の中心部を目指したいと思います。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

わたらせ渓谷鐵道の終端 - 間藤駅より先へ進みます。
昭和の時代に廃線になった線路とは思えないくらいシッカリとした状態で残っています。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

この線路が行き着く場所こそが、歴史の中心 - 本山製錬所なのです。
進みましょう!本山製錬所のある足尾本山駅を目指して!!!

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

うぅ、寒い・・・。
凍てつく寒さが、容赦なく栃木ハンターを襲う。
プロじゃなければ耐えられないほどの寒さ。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

トンネルも崩壊が進んでいますね。
あんな岩に当たれば、プロと言えども無傷ではすまないでしょう。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

さぁ、本山地区の街並み、象徴とも言える古河橋が見えてきましたよ。
目的地「足尾本山駅」はすぐ眼の前です。

線路は最後の鉄橋を渡り、足尾本山駅へと入ってゆく。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

到着です。
目の前に見えるのが「足尾本山駅」。

残念ながらここから先にエントリーすることはできません。
鉄橋の先までは行けるのかもしれませんが、渡るのはちょっと怖い。
プロといえども、高い所から落下すれば死んでしまう。。。

この時、私は精錬所の風景が大きく変化していることに気がついていませんでした。
ノスタルジックの生存期間が有限であることを強く認識することになるのです。

それはまた次のお話。

2011年12月10日 | 「観光 - 栃木県内」の記事一覧
プロフィール

栃木ハンター

栃木ハンター

栃木ハンターと申します。
中身は60代のオジイチャン。
機械のように正確で、花のように美しいハントリザルトをお届けできるよう頑張りたいと思っています。

2012/04/27
コメントを廃止しました。
理由は
こちら

2013/06/29
コメントを不定期で有効にすることにしました。理由はこちら

2012/12/01
プロのマイナー店ハンターを引退しました。
老兵は去りゆくのみです。


カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ハンター記事サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
2012年(上) 飲食店ベスト3
2011年 飲食店ベスト5
1.gif
1位
GF1ZDMC-LX5-001-20110922-205149Panasonic-20111229-222537.jpg
2.gif
2位
GF1ZDMC-LX5-001-20110819-133140Panasonic-20111230-180036.jpg
3.gif
3位
GF1GF1GF1P1100670-20111211-143440_1-20111211-144906-20111230-183514.jpg
4位 GF1TG100KM001-20111017-185943PCT-20111230-184210.jpg
5位 GF1ZDMC-LX5-016-20110123-131607Panasonic-20111230-184452.jpg
>> その他ランキングへ
特集企画

  • フラワーハント 
  • ベントーハント 
  • 常磐炭田 
  • 金華亭ホルモン 
  • 消えゆく足尾銅山 
  • そうだ!松島へ行こう!!! 
  • ハンターセミナー 
  • リンク - 栃木県
    リンク - 茨城県
    リンク - 福島県
    リンク - 過去ブログ
    リンク - あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    最新記事
    最新コメント
    リンク - 釣り関連
    GyoNetBlog ランキングバナー

    バス釣りブログランキング

    Bass Site Ranking

    リンク - ブログ全般
    このブログをリンクに追加する
    RSSリンクの表示