足尾 松木渓谷・・・松木村

久しぶりのいいお天気!桜が満開になってきました。
でも気温は低く、風は冷たい・・・そんな木曜日。

いつものようにウィスキーを飲みながら下野新聞を読んでいると、気になる記事が。
そこには足尾の松木渓谷の記事が掲載されていました。

足尾 松木渓谷

『松木渓谷 ゲート開放を』。
松木渓谷へ行くための道路は、ゲートで閉鎖されており、一般車両は進入できないのです。
でもこの場所は足尾を語るのに欠かせない場所なので、"ゲートを開放して欲しい"という趣旨です。

栃木ハンターも同じ願いです。
実は昨年、栃木ハンターは松木村を訪れているのです。
昨年の写真ですが、松木村を思い出してみたいと思います。

足尾 松木渓谷

ここはかつて松木村があった場所です。
松木村は戦国時代から人々が住んでおり、農業、養蚕を営みながら静かに暮らしていたと伝えられています。

しかし、製錬所ができてからは松木村の生活は一変してしまいました。

足尾 松木渓谷

銅の製錬の過程で発生する亜硫酸ガスが、松木村の生活を虫食みはじめたのです。
常に黄色い、亜硫酸ガスが漂う村になってしまった。

足尾 松木渓谷

作物は育たなくなり、少しの野焼きでも死んだ山は燃え上がりました。
松木村の人々は、この村を捨てざるを得なかった・・・。

足尾 松木渓谷

黒い物質は『カラミ』と呼ばれる製錬の過程で作られるスラグです。
この上に植物が生えることは決してありません。

足尾 松木渓谷

松木村の人々が立ち退いた後、製錬所はこの土地を『カラミ捨て場』にしたのです。
写真でお分かりのように、人類のバカな歴史は、現在でも爪あとを残しています。

足尾 松木渓谷

一般の人が車で行けるのは、この綺麗な親水公園まで。
その先はゲートで封鎖されています。

ゲートを開放して欲しい!!!

足尾の本当の悲しみは、そのゲートの先にこそ存在するのです。
2010年04月08日 | 「ノスタルジックハント」の記事一覧
プロフィール

栃木ハンター

栃木ハンター

栃木ハンターと申します。
中身は60代のオジイチャン。
機械のように正確で、花のように美しいハントリザルトをお届けできるよう頑張りたいと思っています。

2012/04/27
コメントを廃止しました。
理由は
こちら

2013/06/29
コメントを不定期で有効にすることにしました。理由はこちら

2012/12/01
プロのマイナー店ハンターを引退しました。
老兵は去りゆくのみです。


カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ハンター記事サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
2012年(上) 飲食店ベスト3
2011年 飲食店ベスト5
1.gif
1位
GF1ZDMC-LX5-001-20110922-205149Panasonic-20111229-222537.jpg
2.gif
2位
GF1ZDMC-LX5-001-20110819-133140Panasonic-20111230-180036.jpg
3.gif
3位
GF1GF1GF1P1100670-20111211-143440_1-20111211-144906-20111230-183514.jpg
4位 GF1TG100KM001-20111017-185943PCT-20111230-184210.jpg
5位 GF1ZDMC-LX5-016-20110123-131607Panasonic-20111230-184452.jpg
>> その他ランキングへ
特集企画

  • フラワーハント 
  • ベントーハント 
  • 常磐炭田 
  • 金華亭ホルモン 
  • 消えゆく足尾銅山 
  • そうだ!松島へ行こう!!! 
  • ハンターセミナー 
  • リンク - 栃木県
    リンク - 茨城県
    リンク - 福島県
    リンク - 過去ブログ
    リンク - あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    最新記事
    最新コメント
    リンク - 釣り関連
    GyoNetBlog ランキングバナー

    バス釣りブログランキング

    Bass Site Ranking

    リンク - ブログ全般
    このブログをリンクに追加する
    RSSリンクの表示