あの坂を登れば海が見える あの坂を登れば海が見える

寒い雨の水曜日。
こんな日は暖かい家で晩酌を楽しみましょう!
栃木ハンターは「チロルチョコ バニラヨーグルト 乳酸菌入り*」をつまみにウィスキーを楽しんでいます。

DMC-LX3-DSC_0135-20100324-201455.jpg

最近、栃木ハンターがよく思い出すフレーズがあります。
それは、

"あの坂を登れば海が見える"

これは栃木ハンターが小学校か中学校の時に、国語でならった作品です。
杉みき子という著者の「あの坂を登れば」という作品だということが最近わかりました。

「あの坂を登れば海が見える」という言葉を繰り返しながら、なかなか海は見えない。
そんな作品に当時は、

「まだ見えねぇのかよ?」「クサイキレって何だよ?」

そんな悲しい思いしかありませんでした。

でも今、この作品を思い出すと当時と全く違う思いが得られます。
栃木ハンターも年をとったのでしょうか。

諦めてはダメ!苦労の先には幸福が待っている!
それを信じてただ進めば、それは必ず報われる!

そう言っているように思えます。

インターネット上に作品がありましたのでご紹介します。


----------------------------------------------------------------------------------
「あの坂をのぼれば」     杉みき子

あの坂をのぼれば、海が見える。

少年は、朝から歩いていた。
草いきれがむっとたちこめる山道である。
顔も背すじも汗にまみれ、休まず歩く息づかいがあらい。

あの坂をのぼれば、海が見える。

それは、幼いころ、添い寝の祖母から、いつも子守歌のように聞かされたことだった。
うちの裏の、あの山を一つこえれば、海が見えるんだよ、と。
その、山一つ、という言葉を、少年は正直にそのまま受けとめていたのだが、
それはどうやら、しごく大ざっぱな言葉のあやだったらしい。
現に、今こうして、峠を二つ三つとこえても、まだ海は見えてこないのだから。
それでも少年は、呪文のように心に唱えて、のぼってゆく。

あの坂をのぼれば、海が見える。

のぼりきるまで、あと数歩。半ばかけだすようにして、少年はその頂きに立つ。
しかし、見下ろす行く手は、またも波のように、くだってのぼって、その先の見えない、長い長い山道だった。
少年は、がくがくする足をふみしめて、もう一度気力を奮い起こす。

あの坂をのぼれば、海が見える。

少年は、今、どうしても海を見たいのだった。
細かくいえばきりもないが、やりたくてやれないことの数々の重荷が背に積もり積もったとき、
少年は、磁石が北を指すように、まっすぐに海を思ったのである。
自分の足で、海を見てこよう。山一つこえたら、本当に海があるのを確かめてこよう、と。

あの坂をのぼれば、海が見える。

しかし、まだ海は見えなかった。はうようにしてのぼってきたこの坂の行く手も、
やはり今までと同じ、果てしない上り下りの繰り返しだったのである。

もう、やめよう。

急に、道ばたに座りこんで、少年はうめくようにそう思った。
こんなにつらい思いをして、坂をのぼったりおりたりして、いったいなんの得があるのか。
この先、山をいくつこえたところで、本当に海へ出られるのかどうか、わかったものじゃない……。
額ににじみ出る汗をそのままに、草の上に座って、通りぬける山風にふかれていると、
なにもかも、どうでもよくなっている。
じわじわと、疲労が胸につきあげてきた。

日は次第に高くなる。これから帰る道のりの長さを思って、重いため息をついたとき、
少年はふと、生きものの声を耳にしたと思った。
声は、上から来る。ふりあおぐと、すぐ頭上を、光が走った。
翼の長い、真っ白い鳥が一羽、ゆっくりと羽ばたいて、先導するように次の峠をこえてゆく。

あれは、海鳥だ!

少年はとっさに立ち上がった。
海鳥がいる。海が近いのにちがいない。
そういえば、あの坂の上の空の色は、確かに海へと続くあさぎ色だ。
今度こそ、海に着けるのか。
それでも、ややためらって、行く手を見はるかす少年の目の前を、ちょうのようにひらひらと、白いものが舞い落ちる。
てのひらをすぼめて受けとめると、それは、雪のようなひとひらの羽毛だった。

あの鳥の、おくりものだ。

ただ、一片の羽根だけれど、
それはたちまち少年の心に、白い大きな翼となって羽ばたいた。

あの坂をのぼれば、海が見える。

少年はもう一度、力をこめてつぶやく。
しかし、そうでなくともよかった。
今はたとえ、このあと三つの坂、四つの坂をこえることになろうとも、
必ず海に行き着くことができる、行き着いてみせる。

白い小さな羽根をてのひらにしっかりとくるんで、
ゆっくりと坂をのぼってゆく少年の耳にあるいは心の奥にか
かすかなしおざいのひびきが聞こえ始めていた。
----------------------------------------------------------------------------------

いい作品ですよね?
義務教育の悪いところは、こういったすばらしい作品を『感じる』のではなく『読め』と強制することです。
いいとも思っていないのに『読め』『この接続詞はテストに出す』などナチスもいいところです。

栃木ハンター、もう一度、義務教育の教科書に立ち戻ってみたいと感じる今日この頃です。
2010年03月24日 | 「いろいろな事」の記事一覧
プロフィール

栃木ハンター

栃木ハンター

栃木ハンターと申します。
中身は60代のオジイチャン。
機械のように正確で、花のように美しいハントリザルトをお届けできるよう頑張りたいと思っています。

2012/04/27
コメントを廃止しました。
理由は
こちら

2013/06/29
コメントを不定期で有効にすることにしました。理由はこちら

2012/12/01
プロのマイナー店ハンターを引退しました。
老兵は去りゆくのみです。


カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ハンター記事サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
2012年(上) 飲食店ベスト3
2011年 飲食店ベスト5
1.gif
1位
GF1ZDMC-LX5-001-20110922-205149Panasonic-20111229-222537.jpg
2.gif
2位
GF1ZDMC-LX5-001-20110819-133140Panasonic-20111230-180036.jpg
3.gif
3位
GF1GF1GF1P1100670-20111211-143440_1-20111211-144906-20111230-183514.jpg
4位 GF1TG100KM001-20111017-185943PCT-20111230-184210.jpg
5位 GF1ZDMC-LX5-016-20110123-131607Panasonic-20111230-184452.jpg
>> その他ランキングへ
特集企画

  • フラワーハント 
  • ベントーハント 
  • 常磐炭田 
  • 金華亭ホルモン 
  • 消えゆく足尾銅山 
  • そうだ!松島へ行こう!!! 
  • ハンターセミナー 
  • リンク - 栃木県
    リンク - 茨城県
    リンク - 福島県
    リンク - 過去ブログ
    リンク - あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    最新記事
    最新コメント
    リンク - 釣り関連
    GyoNetBlog ランキングバナー

    バス釣りブログランキング

    Bass Site Ranking

    リンク - ブログ全般
    このブログをリンクに追加する
    RSSリンクの表示