スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | 「スポンサー広告」の記事一覧

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

『消えゆく足尾銅山』と題してお送りしたシリーズ。
今回の掲載をもって最終話としたいと思います。

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

足尾探求は生涯続けてゆく覚悟ですが、ひとまず区切りをつけましょう。
区切りとなる最終話は、もちろん製錬所を訪ねたいと思います。

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

足尾本山駅を確認し、古河橋付近から製錬所を見渡す。
相変わらずの無骨なスタイルに息を呑む。

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

しかし、ここで栃木ハンターは気がついたのです。
ノスタルジックが永遠で無いことに・・・。

製錬所の建物が無い!!!

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

サティアンのようにそびえていたあの建物。
ボロボロでフレームだけになった建物が、もう無くなっていました。

残っているのは保存が決まっている幾つかの設備と・・・

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

あの煙突だけ。
亜硫酸ガスを撒き散らし、松木村を廃村に追い込んだあの煙突。

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

この無縁石塔に合祀されている旧松木村の無縁仏達は、煙突だけになった製錬所の姿をどう思っているのだろうか。
それを感じるためには、旧松木村を訪ねるしか無い!
・・・と思いましたが・・・。

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

いやぁ~メチャクチャ寒そう。
この寒さの中で一人松木村まで歩いて行ったら、私自身が無縁仏になってしまいそう。

消えゆく足尾銅山 最終話 足尾銅山製錬所

あの先に、旧松木村が存在する!
・・・ということだけお伝えして、詳細はこちらのブログでご確認ください。

2年半ぶりに訪れた足尾。
こんなに変わっているとは・・・正直驚きました。
特に、製錬所が無くなっていることには本当に驚き、思わず仕事中の写真仲間にメールしてしまったくらいです。

ノスタルジックの生存期間は有限。
もっと頻繁に、そして定期的にハントしないと!
そんな危機感を感じた一日でした。

///おまけ

行きは清滝経由でしたが、帰りは『県道15号鹿沼足尾線』を使うことにしました。

栃木県道15号鹿沼足尾線

この道路も本当に美しいんですよ!
山も奇麗だし、紅葉も素晴らしい。

栃木県道15号鹿沼足尾線

常に幻想的な風景を見せてくれる県道15号鹿沼足尾線。
その美しさが、ハンター達の足を、再び足尾に向けているのかもしれません。

それでは最後は「らんばらしょうぎ」風に閉じたいと思います(笑)。

今シリーズもお付き合い頂きまして、有難う御座いました(ペコリ)
それでは、そろそろ
ごきげんよう、さようなら~~~!
スポンサーサイト
2011年12月10日 | 「観光 - 栃木県内」の記事一覧

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

『消えゆく足尾銅山』と題して送るシリーズ。
第3回目は、そろそろ足尾の歴史の中心部を目指したいと思います。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

わたらせ渓谷鐵道の終端 - 間藤駅より先へ進みます。
昭和の時代に廃線になった線路とは思えないくらいシッカリとした状態で残っています。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

この線路が行き着く場所こそが、歴史の中心 - 本山製錬所なのです。
進みましょう!本山製錬所のある足尾本山駅を目指して!!!

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

うぅ、寒い・・・。
凍てつく寒さが、容赦なく栃木ハンターを襲う。
プロじゃなければ耐えられないほどの寒さ。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

トンネルも崩壊が進んでいますね。
あんな岩に当たれば、プロと言えども無傷ではすまないでしょう。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

さぁ、本山地区の街並み、象徴とも言える古河橋が見えてきましたよ。
目的地「足尾本山駅」はすぐ眼の前です。

線路は最後の鉄橋を渡り、足尾本山駅へと入ってゆく。

消えゆく足尾銅山 No.3 足尾本山駅へ

到着です。
目の前に見えるのが「足尾本山駅」。

残念ながらここから先にエントリーすることはできません。
鉄橋の先までは行けるのかもしれませんが、渡るのはちょっと怖い。
プロといえども、高い所から落下すれば死んでしまう。。。

この時、私は精錬所の風景が大きく変化していることに気がついていませんでした。
ノスタルジックの生存期間が有限であることを強く認識することになるのです。

それはまた次のお話。

2011年12月10日 | 「観光 - 栃木県内」の記事一覧

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅 - ASHIO STATION -

『消えゆく足尾銅山』と題して送るシリーズ。
第2回目は足尾駅からお送りしたいと思います。
(あくまでも個人的記録であり、グルメはもう登場しませんのでスルーしちゃってください(笑)。)

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

足尾駅 ASHIO STATION
栃木県日光市足尾町掛水6

あっ、ご存知と思いますが、ここは廃墟ではありません。
現役バリバリの駅ですので誤解なきようお願いします。。。

では早速内部にエントリー。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

"クマ出没注意!"と言われても・・・。
鈴が無いので鼻歌でも歌いながら歩きましょうか。

セレクト・ソングは「兄弟船(鳥羽一郎)」!

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

"あしお"という看板が寒そう。
まるで冷凍保存されている駅を歩いているようです・・・ブルブル。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

カラー写真なのに、モノクロのような風景。
以前、ここが人々で賑わっていたとは到底思えない。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

国鉄キハ35系気動車

そういえば、電車は「JR」という言葉が当たり前になっていて、「国鉄」という言葉を忘れていました。
この車両はそんな「日本国有鉄道」が製造した気動車なのです。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

わ89-200形

これは現行モデルの1世代前ですよね。
この車両も引退したのでしょうか・・・勉強不足を反省。

おやっ、日差しが!!!

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

おぉ!反省したのが良かったのか、足尾に日が差してきました。
モノクロ写真がカラー写真に変わってゆきます。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

ありがとう - 「わ89-200形」よ!
世界に色が戻ってきたぜ!!!

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

冷凍状態が急速に溶けてゆく。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

キハ35だって動き出しそうです。

色を取り戻した足尾駅に、遮断器の警報音が鳴り響きます。
カンカンカンカン・・・。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

ガタン、ゴトン・・・。
現役モデル「わ89-310形」の到着です。

よかった!この駅は生きている。
これからもずっと活躍していって欲しいものです。

消えゆく足尾銅山 No.2 足尾駅

エントリーした時とは別物のように明るくなった足尾駅。
少し安心して、この場所を後にしました。
2011年12月10日 | 「観光 - 栃木県内」の記事一覧
プロフィール

栃木ハンター

栃木ハンター

栃木ハンターと申します。
中身は60代のオジイチャン。
機械のように正確で、花のように美しいハントリザルトをお届けできるよう頑張りたいと思っています。

2012/04/27
コメントを廃止しました。
理由は
こちら

2013/06/29
コメントを不定期で有効にすることにしました。理由はこちら

2012/12/01
プロのマイナー店ハンターを引退しました。
老兵は去りゆくのみです。


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ハンター記事サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
2012年(上) 飲食店ベスト3
2011年 飲食店ベスト5
1.gif
1位
GF1ZDMC-LX5-001-20110922-205149Panasonic-20111229-222537.jpg
2.gif
2位
GF1ZDMC-LX5-001-20110819-133140Panasonic-20111230-180036.jpg
3.gif
3位
GF1GF1GF1P1100670-20111211-143440_1-20111211-144906-20111230-183514.jpg
4位 GF1TG100KM001-20111017-185943PCT-20111230-184210.jpg
5位 GF1ZDMC-LX5-016-20110123-131607Panasonic-20111230-184452.jpg
>> その他ランキングへ
特集企画

  • フラワーハント 
  • ベントーハント 
  • 常磐炭田 
  • 金華亭ホルモン 
  • 消えゆく足尾銅山 
  • そうだ!松島へ行こう!!! 
  • ハンターセミナー 
  • リンク - 栃木県
    リンク - 茨城県
    リンク - 福島県
    リンク - 過去ブログ
    リンク - あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    最新記事
    最新コメント
    リンク - 釣り関連
    GyoNetBlog ランキングバナー

    バス釣りブログランキング

    Bass Site Ranking

    リンク - ブログ全般
    このブログをリンクに追加する
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。